技術情報検索

すべり抵抗・交通安全

明色舗装

明色舗装は、通常のアスファルト舗装の表層部分に、光線反射率の高い明色骨材を使用することによって路面の明るさや、光の再帰性を向上させたもので、トンネル内や夜間における路面の照明効果が向上し、照明費用の低減が図れます。…

詳しく見る
明色舗装

ニート工法(グリップカラー)

グリップカラーは骨材把握力及び接着力の大きいエポキシ樹脂をバインダーとして路面に塗布し、有色骨材を散布するニート工法です。…

詳しく見る
ニート工法(グリップカラー)

PRMS工法(パームス工法)(NETIS登録:HR-990098-A)

透水性レジンモルタルシステム充填工法(PRMS工法)は、排水性舗装の表面骨材の間隙に高性能樹脂バインダーと特殊粒径の細骨材を混合した透水性樹脂モルタル混合物を充填する工法です。…

詳しく見る
PRMS工法(パームス工法)(NETIS登録:HR-990098-A)

注意喚起型舗装(めざまし舗装)(NETIS登録:KT100058-A)

めざまし舗装とは、舗装の路肩やセンター部の表面に一定間隔で連続した凹部を設け、ドライバーに注意を促す舗装です。…

詳しく見る
注意喚起型舗装(めざまし舗装)(NETIS登録:KT100058-A)

音響道路

道路表層面に、音程により決められた等間隔で横方向溝(w=9mm d=5mm)を設置することで、メロディーを奏でることができる道路です。…

詳しく見る
音響道路

超高圧水表面処理工法(ジェットスイーパー工法)

ジェットスィーパー工法は、超高圧水を路面に回転噴射してそのエネルギーで表面処理をおこない、同時に処理水をバキューム回収する工法です。…

詳しく見る
超高圧水表面処理工法(ジェットスイーパー工法)
ページトップへ