連続鉄筋コンクリート舗装

概 要

 横目地を全く省いて連続したコンクリート版としたもので、目地による振動や騒音が低減し、走行性が向上する。目地を省いたことにより生ずるひび割れは鉄筋により分散されるため、個々のひび割れは狭く、鉄筋とひび割れ面の骨材のかみ合わせとによって連続性を保つ構造になります。

特 徴

@ 目地のないコンクリート版とすることができます。
A 目地がないため振動や騒音が軽減され、平坦性の改善による走行性の向上が可能です。
B コンポジット舗装の下層に使用すれば、リフレクションクラックの抑制ができます。

連続鉄筋コンクリート舗装 連続鉄筋コンクリート舗装



「技術情報」へ戻る