会社情報

ごあいさつ

無限の可能性に挑戦し 新しい道を創造します

 三井住建道路は、昭和23年に設立して以来、ずっと道づくりに携わってまいりました。平成15年の三井住建道路発足まで、時代の変化と共に、社会のニーズにあわせて変遷してまいりましたが、「顧客満足度の追求」「株主価値の増大」「社会活力の重視」「社会性の重視」「地球環境への貢献」という経営理念のもと、これからも安全で快適な社会インフラの創造に寄与してまいります。

 「中期経営計画(29/3期~31/3期)」では、「前中期経営計画」で追求した「強靭な企業体質」創りを継続しつつ「『ステークホルダーズに信頼される質重視の経営』を展開する」をコンセプトに、「安定的な経営基盤の拡充」「人材育成と労働環境の改善」「株主満足度の向上」「コーポレートガバナンスの充実」という4つの重点施策を中心に、ROEや配当性向も意識しつつ安定した収益体質を確立し、顧客・株主・社員・社会・環境との関係を常に視野に入れたCSR経営を推進し、皆さま方が安心して生活できる街づくりに貢献してまいります。

 「道づくり」は「未知づくり」に通じます。三井住建道路は、全役職員一丸となって中期経営計画に掲げた諸施策に取り組むとともに、今後も効率経営に徹し、安定的に収益を確保し、「大地とともに歩む」企業として、より大きな社会貢献を果たしてまいります。

代表取締役社長 松井 隆幸
ページトップへ